韓国の電化製品

日本の電化製品が国際市場で韓国の後塵を拝している状態になって久しいが、かつて日本が来た道と似ていると思った。はじめは品質の悪い日本製品だったが、やがて日本製が高品質の代名詞になった。これと同じことが韓国製品に起きているだけではないのだろうか?

いつまでも昔の体質から抜け出せないから、こういう状態になったのではないのだろうか?韓国の製品が売れているのは決してウォン安だけのせいではないと思う。

韓国で製品が安く作れるのなら、たとえば日本は企画分野にすすみ、安い韓国の工場で作らせればよかったのだと思う。あまり好きな国ではないけど、シナよりはましだったのではないだろうか?そういう舵を取れなかった日本メーカーに敗因の多くがあるように見える。

企業が大きくなりすぎて、決断が遅かった。韓国メーカーはまだ若いので創業者のカリスマで舵を切りやすかった。この差だろう。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です