韓国について

執拗に日本の右傾化を糾弾している。

日本統治を正当化しようとしていると言っているが、当たり前だと思う。

歴史上の一つのイベントがそれぞれの当事者にとって意味合いが変わるのは当たり前のことだ。

西欧列強が、シナやアジアの植民地に対して謝罪したのか?聞いたこともない。

それぞれ言い分があって今日の世界があるのだ。

朝鮮半島には西欧列強が植民地化という行動をとらなかったのは、経済上の意味がなかったからだろう。日本にとっては安全保障上の利益を期待できたから併合した。それだけの話だ。

実は、この経済上の利益など、享受できたかはあやしいものだと思う。

皇国化のために教育・産業インフラの整備に多大な投資を行い、おそらく回収は出来ていないのではないだろうか?

日韓併合が無ければ、半島のインフラ整備は、はるかに遅れ、今の経済力になるにはずいぶん時間が必要だったのではないかと思う。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です